仕事・ビジネス

就職ビザ代行申請を行政書士に依頼する利点

外国人が日本国内で働くためには、就職ビザ申請を行い審査をパスする必要があります。ただし行政書士の様な専門知識を持つ人物であれば、外国人の学歴や経歴に加え、従事する業務の内容から事前に許可が下りるかどうかをある程度判断する事が可能です。

更に就労ビザの代行申請を行う事で、書類等が足りないといった不備を回避する事が出来ます。というのも入国管理局に提出する書類の多くは、官公庁から発行されている物が多いです。所が官公庁は平日の昼間しか開庁していないため、必要書類を集めるだけでも結構な時間が掛かかってしまう事が多かったりします。しかも素人だと必要書類を集め損ねてしまい、書類に不備が出て、不許可になってしまう危険性もあるのです。その点、国家資格と専門知識を持つ行政書士であれば、必要書類を素速く正確に集める事が出来ます。

提出時に作成が必要な書類も、行政書士であれば正しく記入してくれるので安心です。

この様に書類集めや作成を正確かつスムーズに行う事が出来るので、行政書士に依頼すれば審査時間の短縮も期待出来ます。その上、就労ビザ獲得後も行政書士であれば色々と相談出来る点も魅力的だったりします。具体的には在留期間更新手続きに関してや永住申請を行うために備えるべき事、といったアドバイスを受ける事も可能です。

行政書士であれば過去の経験や事例を基準にして、的確なアドバイスが期待出来ます。この様に就労ビザの申請だけでなく、その先に関する事も相談出来るのは非常に心強いです。

タクシードライバーの求人

タクシードライバーは、全国的に、人員不足なところがとても多く、たくさんの場所で、人員を欲しています。特に東京都中心部では、かなり深刻な一手間不足が問題になっており、タクシー運転手の求人情報で転職 東京都ではたくさんの募集をかけているのが現実です。東京都では、会社員はもちろんのこと、観光客や、外国人の量も多く、タクシーに乗るシーンがとても多いという調査結果も出ているほどです。

特に土地勘のわからない観光客や、外国人観光客にとって、自分の行きたい場所に連れて行ってもらうことのできる、タクシーというものはとても便利で安心できるものの他にありません。これらの現実を知ることができたなら、東京都に限らず、日本各地のタクシー業界で、運転手の仕事を探していただきたいです。またもし、タクシードライバーの仕事はしたいけど、地図が読めないからできないとか、もし日本語ができない外国人が乗ってきたら、緊張すると行った方にも安心して仕事ができるように、きちんとした研修もあるし、ITの普及で、ナビや翻訳機なども、車内に常備しているので、恐れることなく、安心してドライバーの仕事をすることができます。

また、フルタイムで働くことはもちろんのこと、会社によっては、自分の空いた時間だけ働きたい、パートタイムで働きたいという希望を出せば、ほとんどの会社で対応してもらえるのが現実です。求人の案内については、タクシー会社に直接教えてもらったり、ハローワークに行ってみたり、あとは最近とても便利な、数多くの転職、就職サイトなどもあるので、どんな方法をとったとしても、自分の一番良いと思える位置の仕事を探すのが良いと考えます。

そして一昔前までは、ミッションの車がほとんどで、ミッションの免許を持っていなければ、タクシードライバーとして働けない、ということがたくさんありましたが、最近はオートマチックの車も沢山出ており、会社に相談してみると、オートマチック限定の免許だけでも働ける場合も多いです。

お客様との一回限りだけど、深い会話ができたり、きちんと接して、接客の楽しみを感じたりと、感謝されたりと、とても有意義で、仕事のやりがいわや感じられる仕事現場です。