生命保険の話しを聞きにいった

色々と相続に関して考える一日でした。相続税を少しでも節税しようと考えるときには様々な行動が可能になるわけですが、これは死ぬ前にやる事です。ですから出来ることはやっておこうと考えました。

亡くなって、いざその時になって対策をしようとしたところで実際問題としてできることがほとんどないので、自分が生きている間にと考えたのです。相続開始ということが始まっているので何かしようとするとよくないということになるからです。

相続税の節税の対策の一つとしてあるのが生命保険に加入するということです。生命保険に加入することによって生命保険の控除額というのが得られるようになります。ですから私も生命保険にとりあえず加入しておいてということを考えたので家の近くにある保険相談のところに行ってみて色々と話を聞いた1日でした。保険金と保険料とのバランスというのを考えるのがなかなか大変なことでしたが、よく相談に乗ってくれました。