出会い系サイトで人妻さんと一夜限りの体験談

地方から大学生活の為に単身上京してきた者ですが、そんなことで場末の安アパートで一人暮らしをしています。 都会での暮らしにナカナカ馴染めず友人も未だいない時期に、こんな時などはひとり部屋でパソコンをでいじっているときなどは、友人もそうですが妙に女性が欲しくなります。 女性といえば先輩に連れられて風俗で遊んだ事はありましたが、こんな時に気が付いたのが出会い系サイトでした。 この時に出会ったのが人妻さんという方で、記載は其の日の一夜限りの体験談ということになります。

出会い系サイトは今評判を呼んでいる大手のサイトでしたが、初めてサイトを利用するにも比較的気楽に登録することが出来ました。 さて、その出会い系サイトを利用して掲示板やメール等の書き込みをしながら、はじめは何人かの女性とコンタクトらしいのが会ったのですが実際には長続きはしませんでした。

しかし、その内に私の掲示板に興味を覚えた人がいて、ちょっと真剣そうな女性に出会ったのです。 早速に更に返事を返しましたが、当面は気軽に日常的なことを書いているうちに、其の人を特定して半ば本気でメールを始めてみたのです。

始めのうちは、今日のお昼の食事とか、昨日のテレビの話、好きな映画、そして男性の好ものタイプとか、出来るだけ、家族内の個人的な話は止めて、当たり障りのない話を進めました。 兎に角、率直に記入しながらヤリトリする内に、素直な文章で返事が返ってくるようになり、更には、気心が知れた時点でアプローチを開始してみたのです。

実は、この辺りではマダマダ半信半疑でありましたが、一番ホッとさせたのは、彼女が私の実際の写真を見たいというので、写メを送りますと直ぐに折り返しの写メールが届いたのです。 そして遂に、初めてのデートにまでこぎ付けたのです

出会いの場所は、新宿の南口、歩道橋を渡った正面に有るスターバックスの珈琲店でした。
その彼女はスーツ姿も良く、ピッタリと身体の線が素適で、些か艶っぽい感じの人妻風に感じました。 暫くの話の中身や身振りの内容からも、所謂、育ちの良さも感じられたのです。

女性とは年齢差があったのですが、向き合いながらの自然と男女の行動は既に承知のようで、そして、「これから初めてのお楽しみですが、OKしてもらえますか・・?」と、丁重に訊ねると 彼女はこの時は気持ちは決しているようで、素直に私のするがままにホテルへと入ったのです。

お互いはじめてのエッチは、彼女が年配者らしく期待以上の激しくも、悩ましいものでした。コスプレ好きなセフレと毎回違う着衣セックスを満喫しました。 そして、感触としてはチョット風俗では味わえないような、劇的でもあり刺激的なものになったのです。