就職ビザ代行申請を行政書士に依頼する利点

外国人が日本国内で働くためには、就職ビザ申請を行い審査をパスする必要があります。ただし行政書士の様な専門知識を持つ人物であれば、外国人の学歴や経歴に加え、従事する業務の内容から事前に許可が下りるかどうかをある程度判断する事が可能です。

更に就労ビザの代行申請を行う事で、書類等が足りないといった不備を回避する事が出来ます。というのも入国管理局に提出する書類の多くは、官公庁から発行されている物が多いです。所が官公庁は平日の昼間しか開庁していないため、必要書類を集めるだけでも結構な時間が掛かかってしまう事が多かったりします。しかも素人だと必要書類を集め損ねてしまい、書類に不備が出て、不許可になってしまう危険性もあるのです。その点、国家資格と専門知識を持つ行政書士であれば、必要書類を素速く正確に集める事が出来ます。

提出時に作成が必要な書類も、行政書士であれば正しく記入してくれるので安心です。

この様に書類集めや作成を正確かつスムーズに行う事が出来るので、行政書士に依頼すれば審査時間の短縮も期待出来ます。その上、就労ビザ獲得後も行政書士であれば色々と相談出来る点も魅力的だったりします。具体的には在留期間更新手続きに関してや永住申請を行うために備えるべき事、といったアドバイスを受ける事も可能です。

行政書士であれば過去の経験や事例を基準にして、的確なアドバイスが期待出来ます。この様に就労ビザの申請だけでなく、その先に関する事も相談出来るのは非常に心強いです。