司法書士の仕事と資格そしてやりがい

司法書士というのは、他の人からの電話やメールなどで相談や依頼を受けると、検察庁や裁判所、あるいは法務局に提出しなければならない書類などを作成することを仕事にします。同時に遺産相続などで名義の変更などを行う必要が生じたときに、依頼に基づいて登記の登録をしたりします。司法書士の仕事は多岐にわたり、幅広く相談に応じることもします。外国人の雇用のためのビザ申請の代行をすることさえあります。

そうした司法書士は、やはり都心部特に東京に集中しており、多くの企業が集まっているために、東京都中央区の司法書士として活動する人たちもたくさんいます。そしてこれからもニーズは増え続けるであろう状況であることから、司法書士を目指して国家試験をパスするために一生懸命に勉強している人たちは数多くいます。司法書士は、大きな事務所を構えてスタッフを雇うこともあれば、個人で、つまり一人で司法書士として仕事をする人たちも少なくありません。

そんな司法書士の仕事は、個人での細かな相談に応じる仕事も、企業からの相談に応じることもしています。その中にはベンチャー企業のスタートアップを支援サポートすることを中心に仕事をしている事務所もあります。

また会社登記に関係すること、資金調達に関連する登記の相談に乗る点で積極的にビジネスを展開している司法書士の事務所もあります。いずれにしても、法律に関係するややこしい業務を代行する役割を担ってくれるのが司法書士であり、こうした資格を持つ人たちがいることで、企業は自分の仕事に専念することができるのです。

それで若い大学生の人たちは、司法書士になるために、猛勉強をしているかもしれません。時にはくじけそうな気持ちになるかもしれませんが、それでも試験に合格すれば、これまでの苦労などは忘れて、喜びに満たされることでしょう。

司法書士はステータスが明らか高いですし、有望な仕事をバンバンすることができるようになります。努力次第でかなりの高収入を得ることさえできるでしょう。そのようなビジネスを手がけることができることで、モチベーションが高まり、生きがいにもなります。司法書士になるために、一生懸命に取り組みたいものです。