人探し調査は、いろいろなケースが考えられます。
例えば、現在所在が判らなくなった初恋の人、昔の交際相手、恩師、恩人、思い出の人を
探して欲しいなどのケースは、テレビ番組の企画などで目にする機会の多い事例かと思います。

対象者自らの意志によって行方をくらました場合を除いて高い確率で調査が成功することが期待できます。
思い出の写真などの対象者に関する情報が多ければ多いいほど、また不明になってからの期間が短いほど調査が
簡単で費用は安くなる可能性が出てきます。

深刻なケースでは、家出人の家族の捜索、失踪した家族や親族の捜索なども調査依頼の対象です。
こちらは、対象者自らの強い意志で行方を消している場合がほとんどですから
どちらかと言えば調査も複雑である程度の時間や費用も掛かると覚悟した方が良さそうです。

他にも突然のように姿を消してしまった家族だったり交際相手、債務者の捜索や個人取引先の
人物の居所を突き止める調査依頼などもあります。

突然姿を消す原因は、幼児やお年寄りが事件、事故に巻き込まれた可能性、病気や
痴呆などによる可能性、金銭トラブルなどによる可能性が考えられます。

これらの調査では、聞き込み調査などが中心となりますから探偵事務所の経験や実績から生まれる調査力が、
大いに結果に反映されることになるでしょう。