平成十九年六月一日から「探偵業の業務の適正化に関する法律」の施行によって
悪徳業者は減っているとは言え、多くの方が初めての調査依頼となることでしょうから、事務所選びへの不安は拭えません。

そこで、インターネットなどで多くの情報を提供している事務所のホームページなどを参考に
信頼のおける事務所を探し出すことが先決です。

探偵事務所でいくつかの的を絞り、ほとんどの所で実施されている無料相談などを利用して
自分が依頼する内容がどのように調査を進められてどの位の費用が必要なのか説明を受けてみます。

この段階で曖昧な説明や不信感を感じたときは、他の事務所選びをすることで再スタートです。
納得のいく事務所であれば、必ず一度は探偵事務所を訪問して担当者と顔を合わせて
案件調査に対する詳しい説明や無料見積もりをしてもらいます。

この段階でも説明に納得できれば申し込み手続きとなります。
疑問な点や要望があれば契約書にサインをする前に全て明らかにしておきます。

契約後の探偵事務所の始動は予備調査になることが多いので
調査が失敗しないように現場の地理状況や適切なスタッフの配置の確認、
そして機材の準備などのために欠かせない予備調査です。

予備調査を終えていよいよ次は本調査です。
本調査は、チームを組んで進められる事が多いので数名のスタッフが
それぞれ任された担当の調査を行います。

このとき、依頼者の個人情報保護の面を考慮して、チームのヘッド以外には
必要最小限の事情しか明かされない場合が多いようです。

調査の進行に応じて、依頼者への中間経過報告が行なわれることになります。
契約内容の調査を終えた段階で、書面や証拠写真などとともに最終報告が行われます。

依頼者は、調査結果をもとに問題の解決に向けての相談を受けたいことも多いかと思いますが、
探偵事務所は、弁護士事務所と連携を取っているところが多い為、相談してみましょう。