刑事事件と民事事件でいえば、探偵や興信所は民事のことを扱うことがあります。
刑事事件に発展することがありますので以外に気は抜けない職業でもあります。

もちろん、テレビドラマのように毎回殺人事件や失踪に巻き込まれることはまずないですし、
危険にさらされることはありませんが、全くの別件で関係ない事件に巻き込まれたり、
職務質問を受けたりすることはあるでしょう。

依頼人の為、証拠物件で資料を集めたり、調査を進めることで、その後の裁判や調停などで有利になる情報を得ることがあっても、
刑事事件に関係することはほとんど警察が扱っていますから探偵とは根本的に違います。

最近では、ストーカー調査やハッキングなど会社の情報を盗まれたりする刑事事件にかかわることにもなるでしょう。
その場合、探偵がしっかり調査した資料によって、依頼主が裁判にするか告訴するか決めるだけの話ですから
法によって動くというより依頼主のニーズによって動きます。

ですから、私立探偵と言われることが多く、依頼主の希望で動く探偵だからです。
法のもとに動く警官や刑事とは種類を別にします。

だからといって法律を破ることはできませんので危ない橋を渡ることもしません。
自分の手におえないことは、断ったりする判断力も必要なのが探偵ですね。
犯罪に手をかすことがないように、依頼された案件は良く吟味、見極める必要があります。

ストーカー対策については、探偵に依頼し、または個人的にボディーガードを頼む人も増えています。
実際に犯罪に巻き込まれたりストーカーに危害や精神的苦痛を味わわされたりしていても、証拠がないと

刑事事件にすることもできずに警察でも自体を軽く見て気のせいとして片付けてしまうことがあったりしたら、
とくに自分で自分の身を守ることが大事です。

事件が起きてからでは遅いからです。
ストーカー対策は警察との二人三脚で行わないと危険です。

調査をしてその具体的証拠を揃えることで動かぬ証拠があれば逮捕に漕ぎ着けることができます。
それまでは、身辺を警護してもらったり警戒態勢を敷いて直接ストーカー行為をする人に働きかけることはできません。

ですから探偵の仕事は重要でこうした一方的なことだけではなくて、一時は交際していたのに、その後に別れたあとも
付けねらうケースもあって恋人だけではなく元夫婦でもあるということです。

盗聴などの嫌がらせや迷惑電話など精神的な苦痛を与えるような卑劣なことをする場合は早めに
決定的証拠を掴むことがなによりも依頼者にとっては大事なことです。

そのお手伝いと警察に早く動いてもらうように手はずを整えるのも大事です。
未成年や精神的に病気の人は思い詰めると何をするかわからなくなるので、
様子をみるなどといって悠長に構えていると大変な事件に発展します。
そういったケースがニュースでも分かります。